コラム

育毛成分の中で最強!?キャピキシルの効果と副作用

キャピキシルは数年前から話題になり始めた成分で、代表的な育毛剤であるミノキシジルと比較して、「3倍」ほどの効果があると言われています。

そして、キャピキシルにはアセチルテトラペプチド3と、アカツメクサエキスと呼ばれる2つの異なる成分が含まれていて、これらが相乗効果的に作用することで育毛効果を発揮します。

・アセチルテトラペプチド3

4つのアミノ酸からなるペプチドで、強力な細胞修復作用を持ちます。これにより、毛髪を作るための細胞や組織が活性化され、育毛へと繋がります。

・アカツメクサエキス

アカツメクサエキスは薬用ハーブとして昔から利用されていて、ビオカニンAと呼ばれる成分が薄毛の元になる「5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害します。また、細胞の炎症を抑える役割も存在します。

 

キャピキシルの効果

先ほどご説明したように、キャピキシルに含まれる2つの成分にはそれぞれ、

・ 細胞や組織の活性化
・ 脱毛の原因である「5αリダクターゼ」を阻害する

という役割があります。本来ならば、アカツメクサエキスに含まれるビオカニンAのみでも、脱毛を抑えるという意味で薄毛に効果を発揮します。

しかし、脱毛を抑えるだけでなく、髪の毛が成長しやすい環境を整えるために、アセチルテトラペプチド3の活性化作用が必要なのです。

これら2つの成分が相乗効果的に作用して、毛髪に良い影響を与えることができます。

 

キャピキシルの副作用について

育毛剤で気になるのが副作用についてですが、キャピキシルで懸念されるような副作用は報告されていません。

ここがキャピキシルの魅力的な点で、他のメジャーな育毛剤ですといくつかの副作用が存在する場合が多いので、その点キャピキシルは安心して利用できます。

キャピキシルは数年前から話題になっていて、効果があったという報告もかなり多いです。気になった方は一度試してみてはいかがでしょう?