ビフォリア

ビフォリアの副作用は?妊娠中や出産後の授乳中でも安心して使える?

ビフォリア(Befolia)は、累計170万本売り上げている人気の女性用育毛剤です。

超微粒子化製法で有効成分をしっかり届けることが可能です。

頭皮ケア成分を多く配合されていて育毛効果が高いと評判ですが、気になるのが副作用。

もし購入した育毛剤を使ってみて、万が一頭皮が炎症をおこしてしまった場合、せっかく買ったのにお金が損してしまいます。

そこで今回の記事では、ビフォリア(Befolia)育毛剤に副作用は刺激はあるのか、また妊娠中や出産後の授乳中でも安心して使えるのかご紹介いたします。

 

ビフォリア(Befolia)育毛剤は副作用はほとんどなく安心して使える!


結論から言うと、ビフォリア(Befolia)育毛剤は、副作用はほとんどなく安心して使えます。

徹底した品質管理のもと作ってくれているから安心して使えるんです。

またビフォリア(Befolia)育毛剤は無添加処方。

以下の8つの肌に刺激のある成分は入っていません。

  1. 香料無添加
  2. シリコン無添加
  3. 鉱物油無添加
  4. 合成着色料無添加
  5. オイル無添加
  6. バラペン無添加
  7. 紫外線吸収剤無添加
  8. 石油系界面活性剤無添加

頭皮や髪の毛と同じように、弱酸性で作られています。

気になるのがアルコール(エタノール)ですが、ビフォリア(Befolia)育毛剤はアルコール10%未満のローエタノール処方で作られています。

そのためドラッグストアなどで売られている刺激の強い育毛剤よりも安心して使えることは確かです。

万が一お肌に合わなかった場合でも、ビフォリア(Befolia)育毛剤は30日間の全額返金制度が付いているので、お金を返してもらうことができます。

金銭的な面で、ノーリスクで試すことができるのは嬉しいですね。

最安値で買える「ビフォリア(Befolia)」の公式サイトはこちら

 

ビフォリア(Befolia)育毛剤は妊娠中や出産後の授乳中でも安心して使える?

妊娠中や赤ちゃんがいる人にとって、安心して使えるのかどうか不安になりますよね。

そこでビフォリア(Befolia)育毛剤は、妊娠中や出産後の授乳中でも安心して使えるのか販売会社のリフレに確認したところ、以下の回答をいただきました。

『薬用育毛剤ビフォリア』の中には女性ホルモンに影響する成分も
入っておりますので、妊娠中の方にはお勧めできません。
妊娠中はホルモンバランスの変化で髪が抜けやすくなったり、
出産後はさらに抜け毛が増える傾向がみられます。
しかし出産後半年から1年で殆どの方が出産前の状態に戻りますので、ご安心ください。

ビフォリアは、女性ホルモンに影響する成分が配合されているから、推奨はされていないみたいですね。

そのため妊娠中や授乳中はビフォリアを使うのは控えておきましょう。

それでも抜け毛が気になるかたは、妊娠中や授乳中でも安心して使えると評判のベルタ育毛剤をおすすめします。

女性用育毛サプリメントを飲むなら「イクモア」


女性用育毛サプリメントを飲むなら「イクモア」がおすすめです。医師監修なので安全・安心。高品質の育毛成分が配合されているから育毛効果が高いと評判。今なら1,500円分の商品券も付いてきます。体の内側から育毛対策ができる全世代の女性に一番おすすめできる育毛サプリメントです。
最安値で買える「イクモア」の公式サイトはこちら