コラム

早めの対策が肝心!20代・30代の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法

20代、30代は先がまだ長いです。

人生まだまだこれからだという時に薄毛になることほど辛いものはありません。

髪が薄いことで恋愛にも消極的になり、好きな人ができても声をかけられないこともしばしば。

友達に海や温泉に誘われても、頭皮が気になり断り続けることで人間関係も悪化しがちです。

この先どうすれば良いのか途方に暮れている方も多いと思います。

それでも安心してください。

20代、30代の抜け毛(薄毛)は早い時期から対策を行えば改善が可能です。

今回は20代、30代の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法を紹介します。

20代、30代の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法

20代、30代の抜け毛(薄毛)の原因と対策方法は以下です。

1.ストレスを解消する

新社会人、引っ越し、転職、失恋など20代、30代でストレスを感じる場面はたくさんあります。

特に若いうちは仕事を押し付けられたり上司から理不尽なことを言われてストレスが溜まるばかり。

ストレスが溜まることで、体内の血行が悪くなり、頭皮に血液が行きづらくなります。

その結果髪にも悪影響が出てきます。

 

2.睡眠不足を解消する

夜遅くまで残業、友達と朝までオール、カラオケで歌ったりお酒を飲んでいませんか。

髪の毛や細胞は寝ている間に作られます。

眠らないと体全体の調子が崩れ髪にも悪影響を及ぼします。

朝寝ればいいかと思う人もいるかもしれませんが、成長ホルモンは夜10時~深夜2時の時間帯に多く分泌されるので、なるべくこの時間帯に眠るのがおすすめです。

 

3.バランスの良い食生活を心がける

ついついコンビニ食やファーストフードばかり食べていませんか?

偏った栄養ばかり摂っていると、髪を作ることができなくなります。

髪はタンパク質で作られているので、タンパク質を摂るようにしましょう。

髪の毛を成長させる亜鉛やビタミン類もバランスよく摂ることが大切です。

食生活が偏っているなと感じている方は、育毛サプリメントなどで補うようにしましょう。

薄毛に良く効く人気の「育毛サプリメント」おすすめ比較ランキング!男性の若ハゲや薄毛に良く効く人気でおすすめの育毛サプリメントを徹底比較しランキング形式で紹介しています。体の内側から抜け毛対策したい方必見です!...

 

4.運動不足を解消する

体を動かさないことで、体全体の血行が悪くなり、髪にも栄養がいき届きません。

おすすめの運動方法はランニングです。

ランニングをすることで、体全体の血の巡りをよくすることができます。

ランニングであれば無理なく続けることができるのでおすすめです。

一駅手前の駅で降りて歩く、エスカレーターではなく階段を使うなど工夫することで運動不足を解消できます。

 

5.低刺激のシャンプーを使う

ドラッグストアなどの市販で売られている育毛シャンプーは、刺激が強いものが多く頭皮環境を悪化させてしまいます。

多少値はしますが、通販で売られている低刺激のアミノ酸系のシャンプーを使うことで頭皮環境を整えることができます。

洗髪回数は、洗いすぎると逆効果になってしまうので1日1回で十分です。

抜け毛・薄毛に効く最強の「育毛シャンプー」おすすめ比較ランキング4選男性の抜け毛を減らす人気でおすすめの育毛シャンプーを徹底比較しランキング形式で紹介しています。...

 

6.育毛剤を使う

育毛剤を使うことで、抜け毛を減らし髪の成長を促進する成分をダイレクトに届けることができます。

こちらも低刺激で有効成分の多いものを選ぶのがおすすめです。

https://ikumouzai-ranking.info/

⇒人気の育毛剤おすすめランキング一覧

 

7.AGAクリニックに行く

今までの対策をしても改善しない場合は、薄毛の進行が早まっている恐れがあります。

その場合はAGAクリニックに行きましょう。

AGAクリニックは薄毛専門の病院です。

医学的根拠に基づいた治療をしてくれます。

抜け毛(薄毛)は、体内にある還元酵素5aリダクターゼが男性ホルモンと結びつくことで起こりますが、AGAクリニックでは5aリダクターゼを抑える薬を処方してくれます。

代表的なものはプロペシアですが、最近ではミノキシジル成分配合のオリジナル薬、2016年から日本で発売解禁になった最新AGA治療薬のザガーロも販売されているので、今までの対策方法で満足できない場合はAGAクリニックに行くのがおすすめです。

 

20代、30代は早めの対策が肝心!

以上が20代、30代の抜け毛(薄毛)の対策方法です。

20代、30代はまだまだ改善の余地があります。

手遅れになる前に早めに対策をして、後悔しない楽しい毎日を過ごしていきましょう!